「禁煙セラピー」ではこうしてタバコをやめる

「禁煙セラピー」ではこうしてタバコをやめる

「禁煙セラピー」ではこうしてタバコをやめる

禁煙セラピーが提唱する禁煙法は、とてもシンプルです。

まずは、タバコを吸わずに本を読み進めます。

読み終わった時点でタバコをやめる決心が固まっていれば、「最後の1本」のタバコを吸います。

その時は、タバコを吸うことにしっかり集中して、煙のにおいや味、発がん性の煙が肺に入っていくことや、毒素が血管に詰まるイメージを描きながら吸うことが重要です。

そして、そのような感覚をもう味わう必要なないことに喜びを感じながらタバコを消して、タバコを吸い続ける苦しみから解放された生活を始めます。

タバコの禁断症状は意外と短く、最初の3週間程度で消えるそうです。

したがって禁煙セラピーでは、最初の3週間の間はストレスのたまるような状況をできるだけ避けるようにして生活をすることをすすめています。

ただし、周囲にタバコを吸う人がいるからという理由で、忘年会などの人の集まる場所を避ける必要はなく、楽しいことには積極的に参加して良いとのこと。

この禁煙法で重要なのは、「もう吸えない」という辛さを抱えてやめるのではなく、タバコを吸わない生活に希望をもって、ワクワクした気持ちで禁煙を始めることです。

禁煙セラピーの実践者が「楽にやめられる」と口をそろえるのも、やめた生活に希望をもっているからなのですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional