こんなに怖いたばこの害

こんなに怖いたばこの害

こんなに怖いたばこの害

タバコに含まれる化学物質はなんと4000種類もあり、そのうち200種類以上は有害なものだそうです。

なかでも、最も影響の大きいものはタールです。

タールの害としてまず挙げられるのは、肺への影響でしょう。

タバコに含まれるタールには発がん性があり、喫煙によってタールを吸い続けることによって、肺の細胞が変形し、タールで黒くなっていきます。

そのため、タバコの本数が多く、長い期間吸っているほど肺がんのリスクが高くなると言われています。

肺ガンの他にも、咽喉ガンや喉頭ガン、口腔ガンといったタバコの煙が触れる場所のガンは喫煙者に多いという調査結果があります。

さらに、ニコチンの血管収縮作用は心筋梗塞などのリスクを高め、歯周病のリスクも高くなるのです。

血管収縮作用の影響として、傷の治りが悪くなることもあります。

女性の場合には、さらに注意が必要になります。

タバコが不妊の原因となる可能性があり、骨粗しょう症のリスクや、肌荒れの原因にもなってしまうのです。

妊娠中にタバコを吸い続けた場合には、胎児に影響をおよぼす可能性もあります。

このように見ていくと、タバコは実に恐ろしいものだということがわかりますよね

禁煙をすることで、これらの有害な影響を受けずにすむのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional