なぜ、タバコはやめられないの?

なぜ、タバコはやめられないの?

なぜ、タバコはやめられないの?

タバコが体に悪いことは分かっている。

タバコ代だってバカにならない。

それでもやめられないのがタバコの困ったところです。

タバコをやめたいのにやめられない最大の理由。

それは、ご存じのとおり「ニコチン」という化学物質の仕業です。

タバコを吸ってニコチンを摂取すると脳に作用して、ドーパミンなどの神経伝達物質が放出されます。

すると気持ちがリラックスしたり、目が覚めたりといった変化が起きるのです。

つまり、「タバコを吸うと気持ちが良い」と脳が認識するわけです。

しかし、この快感は長くは続きません。

ニコチンの血中濃度は30分で半減してしまうので、すぐにまたタバコを吸いたいという気持ちになります。

このメカニズムは麻薬などの依存と同じで、一度依存すると大変やめづらいのです。

それに加えて、喫煙者の多くは「精神的依存」にも陥っています。

精神的依存は、「朝起きたらまず一服」「食事の後には必ず吸う」といった生活習慣によるもの。

いつも必ずタバコを吸っていた場面で吸わずにいるのは落ち着かない、不安を感じるといった状態のことです。

身体的なニコチン依存と、生活習慣という精神的依存。

この2つと上手に付き合うことで、禁煙をすることができます。

タバコをやめたことで、体調が良くなったという話はたくさん聞きますよね。

タバコをやめるだけで、多くの病気のリスクを下げることが可能なのです。

チャレンジする価値はありますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional