ニコチンガムのメリット・デメリット

ニコチンガムのメリット・デメリット

ニコチンガムのメリット・デメリット

ニコチンガムは、ニコチンパッチと同様に、体内にニコチンを取り入れることでタバコの禁断症状を緩和する方法です。

タバコをやめた口寂しさを緩和するにも一役買うニコチンガムは、薬局で買うことができます。

ニコチンガムを利用する時に注意するのは、普通のガムのように噛んではいけないという点。

噛むことで中に含まれたニコチンが放出され、それを口の中の粘膜から吸収して体内に取り入れるのが、ニコチンガムの仕組みです。

ガムを15回くらい噛むとピリッとした味がしてくるはずです。

これが、ニコチンが放出されたサインなので、噛むのをやめて歯茎と頬の間にガムを挟みます。

こうすることで、粘膜からニコチンを吸収させることができるのです。

ピリッとした味を感じなくなったら再びガムを噛み、味が出たら粘膜から吸収させることを繰り返し、30分から1時間かけて1個のガムを噛みます。

普通のガムのように噛んでしまうと、ニコチンを飲み込むことになってしまい、効果が下がることに加えて胸焼けや吐き気などの影響が出てしまうことがあるので注意が必要です。

また、タバコを完全にやめていない状態でニコチンガムを噛むことも、体内のニコチン量が高くなりすぎる可能性があり危険です。

手軽に買えるからと言って、油断は禁物です。

正しい使い方をしっかり理解したうえで、上手に活用していきたいですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional