禁煙で体に起きる変化

禁煙で体に起きる変化

禁煙で体に起きる変化

禁煙をすると、体にも変化が起こります。

この変化は、それまで吸っていた本数の多い人ほど実感が大きいようです。

多くの人が禁煙による変化として挙げるのが、「食事がおいしくなる」という点です。

それまで分からなかった繊細な味や、香りを感じられるようになり、食事が楽しいものに変わるというのです。

タバコが鼻や舌に影響を与えていたことを考えると納得のいく変化ですよね。

また、「運動ができるようになった」という点を挙げる人も多いですね。

タバコを吸っていると肺に負担がかかるため、運動をしてもすぐに息切れを起こしてしまいます。

ところがタバコをやめて、肺がきれいになっていくと、思いがけないほど長い時間歩いたり、走ったりできるようになるのです。

体を動かすことの楽しさに目覚め、スポーツを始める人もいますよね。

反対に、スポーツでの息苦しさをきっかけに禁煙を始めるというパターンもあります。

いつも喉に不快感があったのがスッキリしたり、朝起きてから「目覚めの一服」を吸うまでは頭がボーっとしていた生活が、スッキリ起きられるように変わったりと、禁煙による他にもたくさん。

詳しく知りたい時には、やはり「生の声」が一番です。

実際に禁煙に成功した人に聞いてみましょう。

きっと喜んで話してくれるはずですよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional