誘惑にはこう対処しよう

誘惑にはこう対処しよう

誘惑にはこう対処しよう

禁煙をはじめて悩まされるのが、まだ吸っている人からの「そんなこと言わずに吸えばいいじゃないか」という誘い。

肩身の狭い喫煙者は、タバコ仲間を減らしたくないからと、このような「悪魔のささやき」をすることがあります。

ついこの間まで自分も吸っていた禁煙初心者としては、その気持ちもよく分かります。

そして、自分が裏切りものになったような申し訳なさすら感じるかもしれません。

もちろん、なにか理由をつけてタバコを吸いたいという部分もあり、すすめられるままに再びタバコを手に取ってしまうというのが、よくある失敗例。

このような事態を防ぐためには、自分がなぜ禁煙をするのかを明確にして、周りからの誘惑に対してきもする勇気が必要になります。

また、つい魔がさして買ってしまった…ということを防ぐために、タスポは財布から出しておくことも大切です。

タスポがなくても買える店頭での衝動買いを防ぐには、もしタバコが欲しくてたまらなくなった時に代わりに買うものを決めておくことが有効。

これは自分の好きなもの、とくに買ってすぐに楽しめる食べ物や飲み物、雑誌などがいいでしょう。

吸いたい衝動というのは一時的なものですから、他のものでやり過ごせば吸いたいという気持ちは薄れていくはずです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional